【校舎長の呟き】部長の悩み。「後輩がついてこない……」キーワードは「フォロワーシップ」! | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2019年 2月 27日 【校舎長の呟き】部長の悩み。「後輩がついてこない……」キーワードは「フォロワーシップ」!

呟き」読めますかね。これ「つぶやき」ですよ。「ささやき」とかじゃないですよ。漢字は大事。漢検とか受けておいてくださいね。

校舎長の三木です。私の名前、省略すると「三鷹」になるんですよこれ!熱い!

さて、みんな「勉強やれ」とか言われても、なかなかすぐに取り掛かれる状態にない子が多いんではないでしょうか?

「勉強しない」のは「やり方が分からない」(ということもあると思うけれども)

のではなく、そもそも勉強以外のところでトラブルを抱えている!!からなのでは?部活とか、友人関係とか、、、いろいろ。

新高2生と話をしているとよくあるのが、「後輩がちゃんと練習してくれないんですよね・・・」みたいな部活の悩み。

今日はこれを解消してみましょう。

キーワードは“Followership”。これ、対義語は「Leadership」です。

「後輩が真面目に練習してくれないんですよ!僕はまじめにやりたいのに・・・」

こうなってしまうとどうなるかというと、残念ながらドツボにはまっていくケースが多いですね。見てみましょう。

ありませんか?

パターン1)部長(と一部のやる気あるメンバー)と後輩たちの間に完全に溝ができて、温度差しかない部活

パターン2)部長(と一部のやる気あるメンバー)だけが忙しそうにしていて、後輩たちが暇して更にやる気が下がっている部活。

組織って難しいですね、ほんとに。これ、共通するのは何か。

そう!風通しが悪いんですよ!部長も後輩に(部長という立場だから)本音を言えない。後輩も部長に本音で話せない!!

これを解消するのは部長(リーダー)1人では無理なのですね。

そこで大事なのが、部長の味方でもあり、後輩たちの味方でもある「フォロワー」の存在!!

下の図のような「フォロワー」がいたらどうですか?さぁ考えてみましょう。

お互いに直接は(立場上)コミュニケーションできなくても、

かなりよい組織になると思いませんか??

フォロワーは、リーダーの味方でもあり、メンバーの味方でもある中立の立場なので、

リーダーも本音を相談できます。メンバーも本音を伝えられます。

そのホンネを、良い形で相手側に伝える(代弁)。これがフォロワーです。

うまくいっていない部活があれば、

あなたがフォロワーになるだけで、大きく変わるかもしれませんよ??

もしくは、あなたが悩める部長なら、

ちょっとでもホンネを言える後輩※に、「キミは、信頼してるから、僕のフォロワーになってくれ!」頼んでみましょう。

「本当は助けたいケド、遠慮してできてない」だけかもしれませんから。きっと想いを伝えたら、味方になってくれるはずです!

※同い年とは限りません。後輩でも、昔リーダー経験がある子とか、一生懸命やろうとしている子とかはフォロワー素質大です。

この話、覚えておいて下さいね。みなさんがいずれ、社会人になって、「課長」とか「部長」になって後輩を率いるときにも、必ず役立ちますから。

これを見ている子、そういった話も、ぜひ相談してくださいね。そういうところも含めて解消していくのが、「東進の担任指導」です。では。

 

東進ハイスクール三鷹校 三木