今年の受験、肝は併願校対策!? | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2018年 9月 6日 今年の受験、肝は併願校対策!?

こんにちは!三鷹校担任助手あなやまです。

 

9月になって急に陽が落ちるのが早くなり、秋の近づきを実感しています。

 

さて、受験において秋というのは一つ大事な転換点です。何が変わるのか。

答えは、2次対策が始まるということです。

これまではセンター対策など直接受験校には関係するものではありませんでしたが、9月以降おこなう2次対策は直接合格に関係していきます。過去問演習していく中で解くそのテストが、実際に先輩たちの合否を分けてきたのです。

そんな過去問ですが、実は受験で成功するために大事なのは、第一志望の過去問ではなく、併願校の過去問だったりします。

ちょっと語弊があるかもしれませんね。もちろん第一志望の過去問は大事ですよ!優先度は一番高いです。

ただ、過去の先輩たちの中には、「第一志望が大事なんだろ!併願校は第一志望より簡単だから解かなくても実力でもなんとかなる。」と言って併願校対策をしない人たちがいました。その人たちは残念なことに併願校にことごとく落ちていきました。

受験はスケジュールの問題で、併願校の後に第一志望を受験します。併願校に落ち、精神的に大ダメージを受けた先輩たちは、第一志望でも本来の実力を出せませんでした。

彼らは決して実力がなかったわけではありません。油断したのです。

油断は禁物です。併願校は3~5年分過去問を解くようにしてください。三鷹校には早慶上智GMARCHの過去問をいつでも閲覧できるようにブースを設置しました。生徒の皆さんはぜひ活用してくださいね。

最後に。あなたにとってその大学は併願校だとしても、誰かにとっては第一志望なんです。その誰かは、その大学に対して、あなたが第一志望にかけたような情熱をもって対策をし受験します。過去問も解かずに合格しようなんて甘いですし、第一、敬意に欠けています。

併願校対策しっかりしましょう!!