併願校の決定について | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2020年 9月 25日 併願校の決定について

こんにちは、担任助手1年の青木です!

今回は受験生の皆さんに向けて、併願校決定のポイントについてお話したいと思います。

 

先日の単元ジャンル別演習説明会で少しだけ併願校決定についてお話したので、その内容についてまとめてみます。

①大学群の把握

大学を様々な視点から関連付け、グループ化したものを大学群と呼びます。(早慶、明青立法中など)

併願校はレベルや通いやすい地域をもとに決定するがことが多いので、大学群を把握しておくことで併願校決定がスムーズにできます!

②最低ラインを考える

大学群をもとに、自分が受ける大学を決定していきます。その際、自分の中の最低ライン(落ちたら浪人するライン)を最初に決定しておくと、併願校が決めやすくなります。

③同偏差値の場合は自分に合った大学を

明青立法中や成成明学獨國武など、一つの大学群に多くの大学が存在していることがあります。そのような場合は、問題傾向やキャンパスの雰囲気などを比較して、自分に合った大学を選びましょう!

➃たくさんの人に相談して決める

保護者の方や学校の先生、担任助手など、様々な人の意見を取り入れてより自分に合った大学を選びましょう!

 

第一志望校への合格を目指すのはもちろんですが、実際に自分が通うことになるかもしれない併願校の決定も大切なことです。三鷹校では10月下旬から併願校の最終決定を行うので、それまでに考えをまとめておきましょう。

自分の考えや状況としっかり向き合って、よりよい選択をして下さい!