全統に向けて | 東進ハイスクール 三鷹校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2021年 10月 22日 全統に向けて

こんにちは、担任助手の松村です!
最近急に冷えてきましたね。しっかり体をあたためて、体調を崩さないようにご自愛ください。
本日は、11/7に控えている全国統一高校生テストについて話していきたいと思います。
全国統一高校生テストは、共通テスト型の模試になっています。東進で実施される模試の中では、受験者数もほかの模試と比べて圧倒的に多く、周りのライバルたちと比べて、自分の立ち位置がはっきりとわかる模試になっています。
模試までは、あと16日あります。共通テストの問題は癖の多い問題も多く、事前に対策をしていないと自分の実力が出し切れない場合が多いです。以下、全統までにやっておいたほうが良いこと三選を紹介します。

1. 過去問を解く
前述したように、共通テストは癖の多い問題が多いです。事前に過去問を解いておくことによって、問題の傾向をつかんでおきましょう!

2. 時間配分を考える
共通テストは、制限時間が非常にシビアなものが多いです。特に数学・国語などはすべてを解き切ること自体が難しいとされています。事前に解く順序等を決めておくことを強くお勧めします。

3. 苦手な単元の復習
最後に、自身の苦手な単元を集中的に対策するべしです!模試前は、自分の苦手な単元に向き合う絶好のチャンスです。必ず対策を講じてください。

全国統一高校生テストを、成績を上げるきっかけにつなげてくださいね。ファイト!!!