公開授業後記③ | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2020年 3月 28日 公開授業後記③

こんにちは!!担任助手の佐藤です!!

皆さん健康に過ごしていますか?手洗い、うがい、アルコール消毒、換気等私たちが出来る感染予防を徹底していきましょう。新型コロナウイルスが早期に収束することを祈っています。

 

さて、本題に入ります。また公開授業のお話です。今月14日に行われた武藤一也先生の公開授業は本当にためになるものでしたので、皆さんに還元したいと思います。

今回はリスニングの大切さについてです。

大学入学共通テストではリスニングの配点が今までの倍になることが皆さんご存知だと思います。

ただ配点が大きくなるだけでなく、問4~6はリスニングが一回しか読まれないと言われています。

東京大学も今まではセンター試験のリスニングを点数に組み入れないとしていましたが、共通テストでは組み入れると発表しています。

それだけリスニングは大切という事ですね!!

では、どのようにしてリスニング力をつけていけばいいのでしょうか?

 

先生によるとリスニングは準備でほぼ決まると言います。

その準備とは、

①設問をあらかじめ読むこと

②単語力をつけること

にあります。単語力といってもただ単語の意味を知っていればいいというものではありません。単語の音声で認識できるようにならなければいけないのです。

ここで重要になってくるのが、音読です。先生はなるべく一人で音読をするのではなく、二人以上で確認しながら音読することを進めていらっしゃいました。発音があっているのか、アクセントがどこについているのか意識しながら音読しましょう。

 

リスニングは大学受験だけでなく、将来海外の人とコミュニケーションをするときに必ず役立つ力です。皆さん今のうちにリスニングを強化していきましょう!!