大切なのは基礎 | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2019年 8月 3日 大切なのは基礎

こんにちは!担任助手の福田です。

 

8月に入って暑い日が続いていますが、暑さにやられていないですか??

わたしは暑いの大嫌いなのでやれています笑

 

さて、この前の修了式では厳しいことを言ってしまいましたが、この8月、必死で16時間くらい勉強しなければいけないのが現実です。

 

八月の勉強のメインになるものはセンター過去問。

 

センターの過去問で7割を取れる人は基礎が固まっている証拠なのでどんどん過去問を進めていいと言いました。

逆に取れない人は基礎が固まっていないということ。このままセンター過去問を何年分も解いても点数は上がりません。もう一度テキストや基礎の問題集の復習もしつつ過去問を解きましょう。(国語の現代文は慣れの部分も大きいのでたくさん解いて慣れていくのがおすすめです)

 

なぜここまで基礎のテキストや基礎の問題集の復習を重視しているのかというと、9月以降は二次の過去問を解くことに時間を割くようになるからです。

つまり8月中には基礎の部分は完璧に仕上げなければいけません。

 

みなさんは難しい問題をたくさん解く演習をしなければ二次の過去問で点数を取れないと思っている人はいませんか?

この考えは半分間違っています。実際は基礎を完璧にすれば、二次の問題にも半分くらいは解くことができます。

 

生徒の皆さんには基礎が完璧ではないのに、難しい問題演習を重視してやってしまって点数が伸びないという失敗をして欲しくないので、この夏休みは基礎固めができる最後の期間だと思って勉強しましょう!!