大学学部紹介!② | 東進ハイスクール 三鷹校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 3月 29日 大学学部紹介!②

こんにちは!担任助手の高麗です。

今回は、昨日に引き続き三鷹校ブログにて担任助手の大学・学部紹介を行います。

今回は私の通っている東京学芸大学 教育学部 についてご紹介します。



東京学芸大学には将来教師になることを志す多くの学生が集まっています。中には教師ではなく就職を志す者もいますが教科書の出版など教育に関わるものが多いそうです。


私自身、将来教師として働くことを志していますが、将来教育に携わりたいと思う人にとってはこれ以上ないよい環境だと言えると思います。


教育学部では自分の専門とする科目の授業だけでなく、教師としての資質を高めるためにさまざまな取り組みを行う授業があります。その中には付属校へ行って授業を参観したり、3年次には教育実習もあります。
また、教師にとってとても重要である教養についても広く学びます。自身の科目の専門性を高めるだけでなく、幅広く教養を深め教師としての資質を高める、さらに教育実習などの実践的な学びや教員採用試験に向けた勉強など求められるものがとにかく多いことが教育学部の特に教員免許をとる人の大変なところだと思います。


東京学芸大学の特徴としては、


自身の学科指定の教員免許を取得することが卒業条件となっている
これは東京学芸大学に大きな特徴であり、大変ではありますがとてもよいところだと思います。教員免許を取ることは本当に大変なので在学中に心が折れそうになることが多くあります。他の大学の教育学部に通う友達で初めは教員免許を取るつもりだったが、周りには取らない人も多く途中で諦めてしまった、ということがありました。
東京学芸大学では周りの友達も一緒に努力して免許を取るので最後まで諦めずに頑張るモチベーションになります。


在学中に教師としての必要な資質を身につけることができる
東京学芸大学では教育実習だけでなく、授業参観などの取り組みが1年次から授業の中に豊富に取り込まれています。これにより座学だけでは決して身につけることができない資質、または心構えを実際に教師となる前に身につけることができます。


教育系のサークルなどが豊富にある
授業外の活動として、地域の子どもと交流を図ったり勉強を教えたりする活動を行うサークルなども多く存在しています。このような機会を求めている人にとってはとても貴重だと思います!

 


東京学芸大学には他の大学にはない特徴や魅力がたくさんあります。教育学部に興味を持っている人はぜひ一度詳しく調べてみてください!