大学紹介-早稲田大学編- | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2018年 8月 16日 大学紹介-早稲田大学編-

みなさんこんにちは!

三鷹校担任助手のはがです。

 

8月中旬ということで、オープンキャンパスの季節になってきましたね!

今日は私が通っている早稲田大学の紹介をしたいと思います?

 

早稲田大学といえば有名な大隈講堂などの建物やスポーツ、長い歴史と沢山のOBOGといったイメージが強いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生活4年目にしてまだまだ大学のことを知り尽くせてない!というのが正直なところですが、

今日は私が思う早稲田大学の特徴を4つまとめてみました?

 

①圧倒的な学生数

早稲田大学は大学院生含め53000人の学生が在籍しており、日本で2番目に学生数の多い大学として知られています。(1位は日本大学)

留学生も沢山いれば離島から上京してきた人もいて、人数が多いだけでなく、多様な考え方・バックグラウンドを持った学生と出会うことが出来るのが、個人的に早稲田大学の1番好きなところでもあります。

 

②スポーツが強い!

体育会系の部活が有名なのも早稲田の特徴。

野球に限らず様々なスポーツの早慶戦を友達と見に行って、校歌を歌いながら一丸となって自分の大学を応援するのも、早稲田生なら4年間で一度は参加するイベントだと思います!

 

③活動の幅の広さ

学問・サークル活動・留学・ゼミ・研究室・ビジネスコンテストなど…大学生活で興味を持ったことはなんでも出来ます。

授業に関しては学部内だけでたくさんの選択科目があり、オープン科目といって他学部の授業も履修することができます。座学だけでなくディスカッションがメインの授業やフィールドワークもあり、文系でも化学の基礎実験を受けることのできる授業もあります。

公認サークルだけで2000個存在し、興味分野を追求できる環境は無限に揃っている一方で、裏を返すとあまりにも選択肢が多いので、自分から探さないと何も無いというのも大学に入って1番最初に感じたことでした。

 

④自由な校風

最後に紹介するのは早稲田大学の自由な校風。

浪人や留年を経て入学した人もいれば、一度大学を卒業して入りなおす社会人経験者も。

早稲田生はこうでなくてはいけない、といった縛りは何もなく、ありたい自分でやりたいことを存分に出来るのが早稲田大学のいいところだと思います。

 

つい沢山書いてしまいましたが(笑)、魅力で一杯の早稲田大学、興味がある人はぜひ一度足を運んでみてください?

今年度のオープンキャンパスはほとんどの学部が終了してしまいましたが、大学が開催しているイベントはまだあります↓↓↓↓↓

[2018年度オープンキャンパス:人間科学部・スポーツ科学部]→8/25(土)

[早稲田祭2018]→11/3(土)~11/4(日)

→年に1度の学園祭!2日間で16万人(ディズニーランドの1日の来場者数に匹敵)の来場者数を誇る日本最大級の学園祭です?

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み残り半分頑張っていきましょう!