悲観主義者のあなたへ | 東進ハイスクール 三鷹校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2021年 11月 1日 悲観主義者のあなたへ

 


みなさんこんにちは!

担任助手の深谷です。誰だよと思う方もいらっしゃると思います。

ブログ担当になったことがかなり久々です。深谷が担当する記事なんて初めて読むなぁという感覚で最後まで読んでいただければ幸いです。

さて、今日のテーマは「悲観主義者はやる気が起きない?」です。

今回の記事は心理学が絡む話なので、心理学に少しでも興味がある人は頭の片隅に置いておくとよいかもしれません。

加えて、今日のテーマはちくまプリマー新書から出版されている外山美樹著 『勉強する気はなぜ起きないのか』という本を参考にしています。

本題に戻りますが、最近「自分はポジティブだ/ネガティブだ」といった判断軸から自分の性格を決める人がいますね。ポジティブとネガティブは一般的にどちらの方が良いとされているのでしょうか?

答えは、皆さんご推察の通り、ポジティブの方が良いとされています。つまり、楽観主義者の方が健康的にも期待通りの結果を出すという傾向にあります。

この結果を出すということにおいて、カギとなるものがいわゆる「やる気」というものです。心理学的には動機づけといいますが、モチベーションに近いものだと思ってください。

ここまで読んで頂いた方はこのように思うはずです。

「自分は悲観主義者だからやる気が出ず、結果が出ない」と。

今日の本題は「悲観主義者だから」→「結果が出ない」という因果関係は全て成り立つかどうか?です。

結論から言うと、この因果関係は成り立ちません。言い換えれば、悲観主義者であっても成功に導く人は一定数います。

悲観主義者であっても成功に導く人を「防衛的悲観主義者」といいます。

どういう考え方をする人かというと、《これから自分に起きうるであろう不安を、あらゆる角度から推測し、その不安を潰すための策を考え、実行する人》です。

このように考えることで、実際に起きる不安やリスクを最大限に抑えることができ、結果として成功や物事を乗り切ることができるというわけです。

受験においても同じです。例えば、自分が高3生で11月、残り半年もないというときに、共通テスト模試が50点だとしましょう。このまま伸びなかったらどうしよう…と思うわけですが、そう思いながらも伸ばすための方策を考え、実行するわけです。

一方で「ただの悲観主義者」という人もいます。自分が考える不安そのものを解消しようとせず、棚に上げてマイナス方向にしか考えられない人です。「防衛的悲観主義者」と違い、不安の解消をしようとせず、どんどんネガティブになっていくのです。

悲観主義者の方、悲観的になること自体が悪いことではありません。ただ、「防衛的悲観主義者」のようになることが大事なのです。「ただの悲観主義者」では、何も結果は生まれません。その結果、さらに自分はダメだ…と思い込み、いつの間にか負のスパイラルの中にいるのではないでしょうか。

今まで「ただの悲観主義者」だったという方は、まずは“思考の転換”をしましょう。視野が凝り固まっていると思いますので、例えば友達に悩みを打ち明けてみる、親・学校の先生に相談する、東進のスタッフと話してみるといったことをしても良いのかもしれませんね。自分とは異なる価値観を受け入れることで“思考の転換”に繋がることもあると思います。

本当は「無気力(やる気がない)」についても取り上げたいのですが、長くなってしまったのでここで今日のブログは終わりたいと思います。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございます!

明日のブログは岡田担任助手です。お楽しみに!