担任助手直伝!記述模試対策part2 | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2018年 9月 22日 担任助手直伝!記述模試対策part2

こんにちは!担任助手の吉田です!

ということで難関有名大模試がいよいよ明日あるので、記述対策part2と題打ったブログです。

まぁでも皆さんあれですよね、今勉強法も何も言われてもですもんね。

結局は自分の志望校の過去問をやって、その傾向をしっかりとらえた記述対策をしないとですし・・・

 

とか思ってる人!今回の模試の重要性が低いとか思わないでください!

生徒にもよくいるんですよね、傾向とか問題の内容が志望校と違うからこれの点数そこまで気にしないみたいな。

いや、待てと。色んなパターンの問題を解く力がないやつがその志望校だけすんなりと上手くいくわけないだろと。

これは僕の一意見ですが、大学の入試の実力ってのは純粋な学力80%と志望校に合わせた対策20%です!

どういった模試でもしっかりと偏差値をキープできること、それは本当に大事です。

 

いきなり精神面の話になったので、模試本番での記述対策面をちょっと。

・数学:むやみに書き始めない、ある程度計算をして道筋を立てられたと思ったらスタート!(大枠を示すのが大事、途中の細かい計算過程とかはあんまり乗せると逆に見づらくなります)

・英語:英作は主張・理由(経験や根拠を付け加えつつ)1,2個・最後主張改めてという基本の型を意識。内容説明に関しては、何が意図された文なのかが理解できていることを端的に示す意識を

・国語:まず問題文をしっかり分析して、この部分に対応することはこれというふうに解答分のフレームを組み立ててください!分かりやすい構造で書かないと、文章を理解できてると思ってくれません!

 

明日はぜひ夏休みの成果をしっかりと出し切ってください!!