春休みの使い方 | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2020年 3月 20日 春休みの使い方

こんにちは、担任助手の石川です。ここ2,3日は暖かい日が続き、春を感じる季節になってきましたね。コロナの影響で春休みが長くなった人も多いとは思いますが皆さん、春休みをどのように過ごしていますか?部活に打ち込むだけの春休み携帯をいじるだけの春休みになってはいませんか?

春休みは約三週間あります。お風呂や食事、休憩時間を除いても10時間は勉強できます。実際に10時間以上勉強している人もいます。

10時間×21日(三週間)=210時間もあるんです。

普段は学校の勉強と並行して受験勉強をしなければなりません。しかし、春休みの210時間は苦手科目にも、得意科目にも使える貴重な時間です。210時間勉強した人と勉強していない人では差がつくのは言うまでのないですよね。まず皆さんがやるべきことは勉強する環境を作ることです!勉強を頑張ろうと思っても「周りの雰囲気が受験モードじゃない」「家だと集中できない」など勉強を阻害する要因はあるものです。

まずは校舎に来ましょう!受講をしましょう!校舎に来て受講をしてマスターをする生活が習慣化すれば、自然と学習時間は伸びます。

質を上げても大前提として時間を確保する必要があります。春休みを存分に使って、苦手を克服し、得意を伸ばしていきましょう。