先人かく語りき。 | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2021年 5月 30日 先人かく語りき。

 

こんにちは、安藤です。

 

かつて、儒家の創始者である孔子は、『論語』ー「衛霊公」の中でこう述べました。

過ちを改めざる、これを過ちという。

 

さて。

模試で過ちを犯して絶望している皆さん(仮定)いかがお過ごしでしょうか。

打ちのめされて、気持ちが逸っているのが目に見えるようです。

しかし、所詮模試なんて一過性。

辛酸をなめた経験など、翌日には脳からさよならしていることでしょう。経験者語る。

 

当然、こんなことではいけません。

論語の御仁が述べたように、間違えたことを改めなければ、一生間違えたままなのです。

 

仮に現代文でミスがあったとしましょう。

比較的問題数が少ない傾向にある科目ですから、その分一問一問が求めてくるものも変わってくるワケです。

放置すれば、何を見落としていたのかは一生闇の中。

自らを改める機会を逸してしまうのです。

 

好機をみすみす捨てることが無きよう、どうかお気を付けを。

一つの怠惰が命取りです。

 

皆さんの受験勉強の一助となれましたら幸いです。

今後ともよしなに。

 

↓再度打ちのめされてみては?