模試一週間前にやるべきこと | 東進ハイスクール 三鷹校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2021年 5月 23日 模試一週間前にやるべきこと

こんにちは、担任助手の松村です。

 

今日は、模試一週間前にやるべきことについて話していこうと思います!

皆さんは模試を受けたあと、「もっと時間配分上手くできたな」や「ここもっと点数取れたな

」や「ここの範囲ど忘れしてもったいない失点したな」などと感じたことはないでしょうか。 

模試の結果はその後の勉強方針や、自分のメンタルなど受験生活において大きな影響があります。模試の前にしっかりと準備をすることで、自分の持っている本来の実力に出来るだけ近い点数が取れるようにしましょう。では、以下私が模試の前にやった方が良いと思うことを3つ挙げたいと思います。

 

①自分の科目ごとの目標点を決める

②教科書や参考書、問題集などできちんと復習を重ねる

③過去問を解く(特に共通テスト系の模試)

 

①「自分の科目ごとの目標点を決める」

まずは自分の目標点を決めましょう。個人的にオススメな目標点の決め方は、自分が完璧なコンディションで、ケアレスミスが全くなかったと時にとれるであろう最高の点数を目標点にするです!少し言い方を変えると、自分が現在の実力を全て出し切った時にとれるであろう点ということです。

入試本番でケアレスミスや、ど忘れなんかで失点するのはもったいなすぎます。模試も、本番の練習だと思ってそれらのもったいない失点を絶対しないことを目標にしましょう。

 

②「教科書や参考書、問題集などできちんと復習を重ねる」

これも、結局言いたいことは「自分が一回はしっかりと勉強した範囲なのに、忘れてたから問題が解けなかった」というもったいない失点をしないでほしいということです。正直、これは模試一週間前だけでなく、普段からしっかりと復習を重ねることをおすすめします。

③「過去問を解く」

これが今日の記事で一番勧めたいことです!!!

過去問をしっかりと解いて、模試に挑んで下さい!するとしないとでは、模試を受ける価値も、模試でとれる点数も全然違ってきます。

特に英数国などの、時間の制約が厳しい科目においては、過去問をしっかりと解くことで、自分が一番得点がとりやすい解く順番知ることや、それぞれの大問に使えるおおよその時間などをあらかじめはっきりさせておくことが、重要になります。

特にいまちょうど過去問をやるべき時期に差し掛かっている高3のみなさん!!!絶対に過去問を解いて、出来るだけ自分の実力を出し切れるようにして下さいね。

 

以上の3点が、私の思う模試の前にやるべきことです。少しでも参考になったら幸いです。

では、みなさん模試頑張ってください!!!