記述模試について~国語~ | 東進ハイスクール 三鷹校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 27日 記述模試について~国語~

こんにちは!担任助手一年の恩田です。

 

最近、定期テストが終わり、一安心している人が多いのではないでしょうか。

 

しかし!

 

5/29に早慶上理・難関国公立大模試と全国有名国公立大模試があります!

今日は、その記述模試の国語について少しお話したいと思います。

 

現代文

現代文で必ず点を落としてはいけないのは漢字です。

いつもの共通テスト模試だと漢字は選択肢ですが、記述模試では自分で書かなければなりません!そのため、いかに正確に覚えているかがカギとなります。

漢字は何度も書いて覚えることが大事なので、毎日10個でもいいから漢字を書いて覚えるようにしましょう!

 

古文

古文は、意味を問われたときに記述形式で書かなくてはなりません。そのため、現代文の漢字と同様に正確に意味を覚える必要があります。

古文の単語の意味は何周も見ることで覚えるので、一週目にあまり時間をかけずに何度も見て覚えましょう!

漢文

漢文で今からでも点をあげるポイントは、読みです。記述模試では、文章内で線が引かれたところの読みが問われます。そのため、いつも漢文演習の時になんとなく読んでいるところを、そのまま放っておくのではなく、自分で調べて覚えるようにしましょう!

 

初めての早慶上理・難関国公立大模試や全国有名国公立大模試で不安な点が多いと思いますが、今までよりもしっかりと暗記しようとするいい機会だと思いますので、頑張って下さい!