過去問の復習方法 | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2020年 6月 26日 過去問の復習方法

 

こんにちは!担任助手1年の磯ヶ谷です。

 

先週の日曜日は模試でしたね。皆さんお疲れ様でした!

今日は模試の復習に関連して、過去問演習後の復習方法についてお話させて頂きたいと思います。

高3生の皆さんは過去問演習に取り組んでいることかと思います。

過去問演習の際に重要になってくるのが、復習です。

復習を疎かにしてしまうと過去問演習の効果は半減してしまいます。

 

今回は過去問の復習方法の一例を紹介します!

〇苦手まとめノートを作る

過去問演習の際に間違えた問題と解答をノートなどにまとめておくことで、定期的に自分の苦手分野を復習することができるようにしておきます。そうしておくことで、試験の前などで総復習するのにも役立ちます。

また、自分がなぜその問題を間違えたのかを考察しノートに書きだしておく(例えば「thatの用法が分からなかった」「時間配分を失敗してしまった」など)といったことをしておくことで、次回以降過去問演習をする際に注意する点が一目見ただけで分かるので、分かりやすいです。

 

≪8月末までに共通テスト過去問と第一志望校過去問10年分演習修了≫

これが東進生の必達目標です!!

この目標を達成できるよう、過去問演習会などをぜひ有効活用して過去問演習に取り組みましょう!

 

最新記事一覧

過去の記事