過去問演習を上手く進めていくコツ | 東進ハイスクール 三鷹校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 1日 過去問演習を上手く進めていくコツ

 本日も、担任助手の山下がブログを更新します。早速夏バテ気味で頭痛に悩まされています。期末テスト中の人が多いので、心身ともに管理を徹底しましょう!なんてことを夏バテしてる人が言っても説得力がないですね(笑)

 今日は過去問演習を上手く進めていくコツについてお話しします。何度かブログにも書きましたが、一番は模試や本番と同様の形式で解くということです!模試と同じように1日で1年分解き翌日に総復習をしたり、本番と同様に2日間にわけて取り組んでもいいと思います。模試の振り返りをしている際に、「後半の科目は疲れて集中力を保てなかった」という意見をよく聞くので、その状態に慣れる為にも、同様に解くことを強くおすすめします!この進め方であれば、復習に時間がかかって3日で1年分すすめたとしても、10年分は復習込みで1カ月ちょうどで終わらせることができます

 絶対にこの方法じゃないといけないわけではないですが、どのように進めていこうか迷っている人は参考にしてください!!!