過去問研究シートの重要性 | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2020年 8月 21日 過去問研究シートの重要性

こんにちは!担任助手1年の磯ヶ谷です。

今日は先日に引き続き、過去問に関してお話したいと思います。

 

高3の皆さんは、過去問を復習する際、過去問研究シートを使用していますか?

 

過去問研究シートとは、過去問を演習した際、その分析をするためのものです。

大問ごとに得点率や間違えた理由を文字にして書き出すことで、自分はどのような理由で得点を落とすことが多いのか、また、自分はどの単元や分野が苦手なのかということを知ることができます。

ミスをする原因は様々あるかと思います。一例を挙げますと、数学ではどの公式を使うのか分からなかった、日本史では漢字の暗記不足、英語では構文が分からなかった等など、、

これら様々ある原因を、ただミスをしたの一言で片付けてしまっては非常に勿体ないです。ミスをした原因を分析し、次に活かす道筋を見つけてこそ、過去問を解く意味があります。

 

効果的に過去問演習をするためにも、皆さん過去問計画シートを積極的に活用しましょう!!