高速マスター基礎力養成講座をやろう!! | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2020年 10月 27日 高速マスター基礎力養成講座をやろう!!

みなさんこんにちは!担任助手の佐藤です!!10月もあっという間に下旬になってしまいましたね。もうじきハロウィーンです。今週の私が担当するGMTでは、ハロウィーン企画を行いました。皆さんは当日どのように過ごす予定ですか?例年のように大勢で仮装大会などは出来ないことと思いますが、楽しく過ごせることを祈っています。

 

さて、今日は高速マスター基礎力養成講座についてお話しましょう。

皆さんご存知、高速マスター基礎力養成講座は、自分が受講を取得している科目によって受けられる科目が決まります。例えば、数学と英語の授業を取得している人なら、数学と英語の高速マスター基礎力養成講座が使用できるというわけです。

 

この高速マスター基礎力養成講座で一番すごいのが、英語です!特に、共通テスト対応英単語1800の大きな3つのポイントは、

①共通テスト単語カバー率99.4%!※試行調査

➁重要単語をリスト化

➂音声学習モードでリスニング対策もばっちり

センター試験から共通テストに移行され、大きく変化したのがリスニングと言われています。高速マスター基礎力養成講座なら、音声を聞きながら学習することが出来るので、英単語だけでなくリスニングも強化できるのですね。文字→音、もしくは音→文字の変換は違う知覚器官を使用するため、難しいので、日々の積み重ねがとても重要です。

ほかにも、私がオススメするのは国語の今日のコラムです。毎日1題、新聞コラムの段落並べ替え問題に取り組みます。新聞コラムは、その時期ごとのさまざまな話題を取り上げ、少ない文字数の中で、「言いたいこと」をよりわかりやすく、印象深く伝えるように工夫された文章です。 筆者の立場で文章の構成や表現を捉えることで、大意をつかむ力はもちろん、読解力や文章を書く際の文章構成力・表現力をつけることができます。

一回あたり5分~10分で終わるので、勉強の息抜きとして私は使用していました。受験生のときは自分でなかなか新聞を読もうとは思いませんが、これなら続けられます。


 高速マスター基礎力養成講座は、皆さんの勉強の土台を繰り返しの演習によって徹底定期に基礎を固めるシステムです。寄って映像授業とは違う役割を担っています。受講高速マスター基礎力養成講座の両立で着実な実力アップを狙いましょう!