高速基礎マスターについて | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2020年 8月 29日 高速基礎マスターについて

こんにちは!担任助手1年の磯ヶ谷です。

 

先日、8/23に行われた共通テスト本番レベル模試の結果が出ました。

改めて自分の得点を目の当たりにしての感想はいかがでしょうか?

自分の実力が出し切れた人も、反対に出し切れなかった人もいるかと思います。

ただ、全員に言えることは、模試は、復習をすることに加え、その結果を基に今後どのように学習していくかが何より重要であるということです。

今回の模試を振り返り、基礎がまだ固まっていないと感じた人も多いかと思います。

 

低学年の皆さんは、高速基礎マスターをやっていますか?

 

高速基礎マスターにおいてまず初めに大事なことは、毎日マスターに触れるということです!

これはマスターに限った話ではありませんが、何かを身につけるべく物事に取り組む際に重要なことは継続して行うことです。

部活動などにおいても、定期的に欠かさず練習を重ねることで力がつくかと思います。

英語学習もそれと同じです。特に基礎知識となる英単語、英熟語、英文法といったものは、日々の積み重ねが知識に直結します。

今マスターをほとんどやっていない人は、まず、毎日10分や100クリックから始めてみましょう!

 

既にマスターを毎日学習する習慣がついている人は、次に1回1回の学習量を増やしていきましょう!

マスターをやってはいるものの、何となくダラダラと進めているだけでは、修得までの道のりは長いですし、知識の定着にもなかなか繋がりません。

まず「〇月〇日に英熟語750を完全修得させる」など大きな目標を設定しましょう。

そして、その日程までに修了させるには1日どれくらい進める必要があるのかを逆算して1週間単位や1日単位で必要な学習量を設定しましょう!

私自身、高校生の頃は毎週最低7000クリックはやると自分の中で目標を決め学習していました。その結果、週10000クリックを超えたことも何度かありました。

これは勿論クリック数で無くても構いません。ステージ数や取り組む時間など、何でも構いませんのいで、何かしら目標を設定して学習しましょう!

 

最後に、マスターに取り組む上で要となってくるものは復習です。

完全修得したのでその後触れなかったら、暫くしたらその知識は抜けてしまいます。

特に英単語1800等は土台となる大切なものですので、完全修得後も定期的に取り組むようにしましょう!!