新型コロナウイルス感染症への対応について | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

校舎からのお知らせ

2020年 3月 1日 新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症への対応について

 

2月27日、政府より新型コロナウイルス感染症対策の一環として公立小中高の休校要請が発表されました。東進ではこの要請に対し、生徒の健康、安全対策に最大限配慮することと理解して、以下の感染予防の管理・指導を徹底することにより、生徒の皆さんにとって大切なこの時期に、必要な学習を絶やすことなく安心して継続できるよう、通常通り校舎を開館いたします。

東進では、自宅受講が可能ですが、あえて校舎を開館するのは、仲間と互いに励まし合い、競い合うことによって、自宅で一人で受講・演習するよりも、はるかに多くの学習量と学習効果を得られることが経験則でわかっているからです。初の大学入学共通テストまで既に10ヵ月半となっています。もしここで1ヵ月の時間のロスがあれば取り返しのつかないことになります。そのようなことにならないよう、安全面に配慮した校舎運営を行ってまいります。

校舎は通常通り開館します

東進ではすべての授業を自宅でも受講・演習を行うことができますが、校舎は通常通り開館し、校舎での受講・演習ができる指導体制を整えます。また、確認テスト、コーチングタイム、面談や合格報告会などの校舎イベントも原則実施します。校舎を開館するにあたっては、以下の感染予防の管理・指導を徹底することにより、安心して登校いただけるようにします。

 

1  生徒・スタッフともに、教室への入室前および退室時に「アルコール消毒」を徹底します。

また、手洗い、うがいをこまめに実施し、顔を直接手で触らないなどの感染予防の指導を行います。

 

2  せき・くしゃみが出る場合、必ず「マスク着用」をするよう指導します。

頻繫にせき・くしゃみが出る場合には、退室いただきます。

 

3  1時限に1回「換気」を行い、室温管理・湿度管理を行います。

また、こまめに校舎の備品を「消毒」(PC・マウス等)するよう徹底します。

 

4  登校が心配な場合や、熱や倦怠感などの症状がある場合は、

登校を控えていただき、「自宅受講システム」を活用して授業の受講と演習を進めるよう指導します。

 

5  自宅で受講・演習する場合でも、管理システムによって、学習の状況を担当校舎で同時に確認でき、その場にいなくても必要な指導をしっかりと行うことができます。

 

安心して登校できる環境づくりのためには、何よりも生徒の皆さんの協力が必要です。

感染予防にしっかりと取り組んでください。

 

一部の校舎やイベントによっては閉館、中止とすることもありますので、校舎掲示やホームページを随時確認して下さい。

また、これらは現時点における対応となり、今後の状況により変更する場合もあります。

最新情報は、随時お知らせしますので、不明点は受付に申し出下さい。

2020年2月29日

東進ハイスクール