記述模試(数学)について | 東進ハイスクール 三鷹校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2021年 5月 26日 記述模試(数学)について

 

こんにちは!担任助手1年の高麗です。

そろそろ定期テストが終わった学校も多いようで自分の苦手な科目や優先度の高い科目に専念して取り組むチャンスですね!金曜日までという生徒はラストスパート頑張って下さい!!

 

30日の記述模試が迫っているということで今回は記述模試、特に数学の試験について話したいと思います。

記述模試の数学の試験は共通テスト模試とは大きく異なります。共通テスト模試では大問の中で問題が繋がっていて誘導になっているため最初分からなくても進めているうちに概要が掴めるかもしれませんが、記述模試ではそれが無く、大問の中で問題ごとにレベルが上がっていくため最初が分からないと大問一つ丸ごと落とすこともあります。なので難しいと感じる人もいるかもしれませんが純粋な数学を解く力を試すことが出来る良い機会だと私は思っています。実際私は共通テスト模試よりも記述模試の方が好きでした。

注意することとしては公式などが抜けていると手が付けられず模試を受ける意味がなくなってしまうので不安な範囲がある人は必ず確認しておきましょう。また典型問題についても普段の演習で解けなかったものや重要と感じたものについても振り返り確認する良い機会に出来たらよいと思います。

慣れていな人も多いと思うので、思うように結果が出ないかもしれませんが大事なことはしっかりと準備をして臨み本番で自分の今の実力をしっかりと発揮しそれを振り返ることです。何となくできなかった終わらないように頑張りましょう!!