ブログ | 東進ハイスクール 三鷹校 大学受験の予備校・塾|東京都 - Part 4

ブログ 

2024年 5月 16日 英単語・英熟語の覚え方

こんにちは!担任助手一年の上原です。

最近は私は夏に向けて減量をするべく、運動と食事管理を頑張っています!大学の学食が美味しすぎるし値段もお手頃なのでついつい食べてしまうのですが、最近は家を出る前に自分でお弁当を作るように頑張っています。受験生の皆さんはついつい食べる時間が不規則になるかもしれませんが、規則的な食生活を送れるように一緒に頑張りましょう!

さて、今回は私の英単語・英熟語の覚え方を紹介していきたいと思います!

高1・高2のときは学校で配られていたdata BASE 4500と並行して高速マスターの三冠を目指して頑張っていました。高速マスターを完璧にしたことで、高2の時点で共通テストでわからない単語は無くなっていました!

高速マスターはアプリでもできるので、通学の時間を有効活用することがカギになります!記憶の定着には何度も粘り強く繰り返すことが大切ですが、単語に学習時間を割かれないように効率よく勉強することが大切です!

 

受験生時代には、速読英単語上級編と英検準一級のパス単を使って、英単語を文章の中で効果的に読めるようになるために毎日長文を音読していました。早慶や難関国公立を目指している方は、パス単は特におすすめなので受験のお供として使うことをお勧めします(^▽^)私は受験時のお手洗い休憩の時などに最後の確認として使っていたほど使い込んでいました。

単語の定着度は一人一人違うと思うので、自分にあった単語帳を選んで、決めたものを使い込むことが大事です!!!!!!自分にあったものを探してみて下さいね!

 

 

 

2024年 5月 14日 現代文の勉強法

みなさんこんにちは!

最近は5月なのに肌寒い日が続いたりと気温差が激しい日々ですが皆さん体調は大丈夫ですか?

 

本日は共通テスト現代文の勉強法について紹介しようと思います。

高3の皆さんはもうすぐ共通テスト過去問に入ると思うのでぜひ参考にしてみて下さい!

 

私は現役時、あることを意識しただけで共通テスト現代文で100点を取ることが出来ました!

私が意識したのは

①自分が筆者だと思い込む

②選択肢をしっかり吟味する

まず①についてですが、現代文の解答に自分の意見は求められていません。自分の意見が求められるのは小論文です。だから自分が筆者だと思い込んで解くようにしていました。

次に②についてです。時間がなくなってくると選択肢をしっかり吟味せず、これが答えっぽくない???という理由だけで選んでいることありませんか?私は実際その傾向が多く、ちゃんと考えれば違うことが分かることが多かったです。焦っても得点にならなければ意味が無いので吟味することを忘れないようにしましょう!

 

応援してます!

 

2024年 5月 11日 受験生時代の息抜き

こんにちは!一年生担任助手の上原 羚愛(れいあ)です。

今日はとっても暑いですね~今サーティーワンでアイスが増量できるらしいとの噂を聞いたので、今日はそれを食べに行こうと思っています!なんの味を食べようかとっても楽しみです(^▽^)

今回は、私が受験生だったころの息抜きの仕方について書いていこうと思います!

私の受験生時代の最大の息抜き法はずばり、友達と話すことでした!私は高3になる前くらいからSNSや携帯ゲームなど全て消してしまっていたので、これが唯一絶対でした!学校でも塾でも友達や担任助手の人といろんな他愛もない話をしていたと思います。自分のクラスはみんな仲が良かったので、日本史選択だけで集まってほのぼのと一問一答をやったのがいい思い出になってます!

私は人と話すのが好きだし、集中力がすぐ切れてしまうことがよくあったので、友達と話すのに夢中になって勉強に手がつかなくなったことも多々ありました。皆さんはどうかお気をつけくださいね😢

これから夏休みも来て受験生の皆さんにとっては一番ストレスのたまる辛い時期かと思いますが、自分なりの休憩を戦略的にとって、勉強効率を上げていきましょう🌟

 

2024年 5月 8日 地理の勉強法について

こんにちは、担任助手1年の荻原です!今回の勉強法シリーズは地理です!

地理に苦手意識を持つ学生は少なくありませんし、私も受験生の頃はすごく苦手でした。しかし、やり始めると、身近な環境に通じていて意外と面白い分野です。

さらに、地理を選択する最大のメリットは他の社会科目に比べて暗記する量が格段に少ないということです。地理は基本的に、覚えた事柄や考え方をもとに、発展的に思考を進める能力が求められるからです。

逆に言うと、具体的なデータをただ覚えるだけでは点数は伸びません!必要なのは「なぜその現象が起こるのか」について理解し、別の状況にもその考え方を応用できる能力です。この能力を伸ばすために、私はまず「系統地理」を徹底的に勉強しました。

地理には「系統地理」「地誌」という二つの分野があります。「系統地理」とは、地球規模での基礎的な地理であり、「地誌」では地域ごとの詳細な地理について学びます。どちらも共通テストや二次試験において欠かせませんが、系統地理はすべての基本になります。系統地理を学ぶとは、いろいろな現象をまずは理論の上できちんと理解することであり、それをもとに地理的思考(要素を体系的に理解し、考えること)ができるようになっていきます。ですから、系統地理のインプット学習がまずは最優先かと思います!

系統地理がある程度わかってきたら、問題演習を並行してやってみるのもアリです!実際の問題にどうやって地理の考え方を当てはめるのか確認できます!

はじめは苦労しますが、本当に面白い教科です。ぜひ頑張ってください!

 

2024年 5月 6日 模試の復習について

こんにちは!担任助手の山﨑です。4月の共通テスト本番レベル模試お疲れさまでした!今回は、模試の復習について書こうと思います。

私は受験生の時、最初は模試の日の夜に自己採点をして翌日に間違えた問題の解説を読んでいました。しかし、解説を読んでいるだけでは復習した問題が定着していなかったことに気づき、復習法を見直しました。

それ以降は、解説を読んで理解した後に1日ほど時間をおいてから解き直しをするようにしました。この方法を始めたばかりの頃は解法を覚えてしまっている状態で解き直しても意味があるのかと疑問に思っていました。しかし、過去問を解き始めて似た問題が出た時に「模試で間違えた問題だ!」と印象に残っていたため、解けたという経験をして間違えた問題が定着していることを実感しました。

模試の復習をする習慣をつけることで模試を受ける度に新しい知識が身に付くと思います。ぜひ今回の模試の復習にも取り組んでください!