今年1年の目標を決めよう | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2020年 1月 5日 今年1年の目標を決めよう

こんにちは!担任助手1年の恩田です。

 

本日は「目標」について書きたいと思います。

 

目標は小さいものと大きいもの、2つあると良いと言われています。

 

大きな目標はできるだけ大きく、そしてそれを達成するために必要なステップを小さい目標にする。

 

それが大きなことを成し遂げる為に適切なプロセスであると、一般的に言われています。

 

なぜ、目標はできるだけ大きな方が良いのでしょうか?

 

中国の史記で、陳勝が述べた言葉に

 

「燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや」

 

ということばがあります。

 

これは、燕や雀のような小さな鳥には、鴻(おおとり)や鵠(くぐい)大きな鳥の気持ちはわからないという意味です。

 

つまり、大きな鳥のような人、すなわち大成する人は、大きな志を持っていて、小さなことしか成し遂げられない人は、小さな志しか持てていないということです。

 

まずは、大きな目標を持つところから始めましょう!