努力を続けられない君へ | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2018年 9月 13日 努力を続けられない君へ

こんにちは!担任助手の本村です。

ここ何日か涼しい気候が続いていますね!過ごしやすくていいですよね~~

でも土日には気温が上がるみたいなので、体調管理気をつけてくださいね!

 

さて、今日のテーマは努力の継続です!

みなさん努力の継続って得意ですか?やらねばいけないことが大きいほど、継続するのって難しいですよね。

そこで今日は!私がかつてお世話になった先生から教わった努力が継続する3つの方法を皆さんにもお教えします😊

完全に受け売りですね、はい。

 

ステップ①内に秘めたやる気は続かないということを自覚せよ!
諦めろ、という訳ではありません。
飽きっぽい自分と向き合いましょう、ということです。すべてはそこから始まります。
飽きっぽい性格を克服するのではなくて、飽きっぽくても継続できる方法を考えるのです。
ということで、飽きるのをあらかじめ想定して、やれることを考えてみましょう。
たとえば、手帳の3日後の欄に再度決意を固め直す日」を設けてみる。
たとえば、決意を手帳に書いておき、目に見えるようにする。
こういった心構え一つで、成果も今までとは大きく変わってきます。


ステップ②三日坊主を100回やれ!
三日坊主でいいじゃないですか!
まずはね、3日続いた自分を褒めてあげましょうよ。
1日だろうと2日だろうと頑張れたならそれはすごいじゃないですか。
「一昨日決意した ”6時に起きて1時間勉強してから学校に行く” の、今日はできなかったな...」
そんな時君はどう考えますか?
「これは飽きっぽい自分にはちょっと無理があったな。」
もしそう考えてしまうとしたら、それは典型的な三日坊主くんです。
 でも三日坊主も限度を超えて、開き直ってしまい
「昨日までの2日間は継続できたから、次は3日以上継続してみよう。」
と、即座に三日坊主の決意を新たにします。
これを100回でも繰り返してみて下さいよ。1年以上継続できますよ?
そうするとだんだんと自分の中でこれが習慣になり、三日坊主とはおさらばです。
千里の道も一歩から!ですね。
ステップ③誰かに宣言せよ!
 ①にも関連しますが、自分が決めたことを、誰かに宣言してみて下さい。
できるだけ身近な人が効果的です。
学校の友人、担任助手の先生、グループの仲間、誰でも良いです。
言ってしまったことは、できなければちょっと恥ずかしいですよね。
一番効果的なのはグループミーティングでの宣言だと思います。
 

以上が私が先生から教わった努力が継続する3つの方法です!

ふんふん、と納得できる部分があったと思います。騙されたと思って一度やってみてください!

 

担任助手 本村