受験生およびすべての高校生へ | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2020年 2月 15日 受験生およびすべての高校生へ

こんにちは!担任助手の本村です。

2月も半ばを迎え、いよいよ国立試験まで10日となりました。受験生の皆さん、私大入試でお疲れかと思いますが、最後まで頑張ってください…!

さて、今日は私が最近心掛けていることについて書いてみようかと思います。テーマは『屁理屈文句言う時間あったら、行動しろ!』です。偉そうですね。(笑)

突然ですが皆さんは、ネガティブワードを言いがちだったり、ネガティブ思考だったりしますか?そりゃね、人間ですからまったく言わないって人はいないと思います。私だって言いますし。でもそれに貴重な時間が奪われすぎている人、結構いるんじゃないかなぁ。

で、もう結論を言うと「それして何か状況はよくなるの?」と思うんです。

だって、状況や環境に文句言ってたって変わらないじゃないですか。不幸アピールしてたら周りが擁護してくれる場合はたまーにありますけど。(笑)根本的な解決にはならないですよね。

今から少し厳しいことを言いますが、受験生。多くの私立大学で前期試験の大半が終わり、合否が出てきている頃かと思います。今年はセンター試験最後でしたから、例年のようにはならない安全志向の受験者が多くて、かなり厳しい入試になっているのではないでしょうか。そんな今、「もう何やっても大学受からないや」このようにあきらめてしまっている人、もしいたらさっきの冒頭の言葉思い出してほしいです。自分で少し思うくらいなら、受験期の不安定な精神状態であれば仕方ないと思いますが、永遠にそれを人に話していたら、そりゃ合格の可能性は狭まるでしょう。でも最後まであきらめず、弱気になる自分をぐっと抑えて最後までやり抜けたら、それでもし結果がだめでも終わった時に少しは気持ちが楽になると思います。あれだけ、やったと自分に自信が持てるから。それもしないで結果も手に入らなかったら、一体その感情はどこへ向ければいいのか困ると思います。

高校2年生以下も同じです。「成績が伸びない」「先生が…」そう言えるほど自分は頑張れていますか。自分の限界まで勉強できていますか。受験勉強はある程度の量をこなして且つ継続していかないと成績は伸びません。自分の限界までできているかどうかは自分が一番知っているはず。ぜひ将来の自分のために、頑張ってほしいと思います。

 

…なーんて!かなりまじめに偉そうに話しましたが、私も不満を巻き散らかすほうの性格なので、気持ちは分かります!でも、いつしか腹を括って向き合う必要があるなぁと大学生活で学んだので、みんなに共有できればと思います!

 

一緒に頑張りましょう!!!!

では~~