【連載企画!!】早稲田大学物語 第6話 | 東進ハイスクール三鷹校|東京都

ブログ

2018年 12月 22日 【連載企画!!】早稲田大学物語 第6話

高校2年生

特進クラスに進んで、初めての中間テスト、正直油断していました。いつも通りに勉強した結果、なんとクラス20位を取ってしまったのです。「クラス20位なら普通なんじゃないの?」と思う方もいるでしょう。しかし忘れないでください。僕は杉並学院に通っているのです。模試を受けた時の全国偏差値40代がマジョリティーの高校で、クラス内20位です。これはマズイと思ったのですが、どうにも軌道修正できず、期末テストも似たような結果でした。

何かを変えなくてはいけない。真っ先に思いついたのは予備校でした。しかし、皆さん思い出してください。僕には、S台で金をドブに捨てた前科があります。親も簡単にはお金を出してくれないだろうと最初は行くのを渋りました。とはいえ、このまま何もしなければ状況はどんどん悪くなっていく一方なのも確かです。

悩みに悩んだ結果、東進の夏期特別招待講習に行くことにしました。理由は無料だから。料金が発生しなければ、親も許してくれるだろうと考えました。そして親にある約束をしました。

「この夏期講習で誰よりも勉強します。もし、それができたら、もう一度、僕を予備校に通わせてください。」

高校2年の夏、1日5時間勉強しました。1日2時間が限界の僕がです。とにかく、必死でした。「ここでもし頑張れなかったら、僕はもう二度と這い上がれない。」そんな気がしていました。

親もそんな僕をある程度は認めてくたのでしょう。僕は、もう一度予備校に通わせてももらえることになりました。

 

つづく